ジェルネイルとは

MENU

ジェルネイルとはなんぞや?

ジェルネイルとは

 

ゲル状の流動性のある合成樹脂に、UVライトなどを照射すると硬化させる事のできる素材を配合してネイルにデザインを施していく事を指します。

 

ジェルネイルの特徴はマニキュアで塗るよりも長く持ち、これまで主流だった人口爪を自爪に装着するのと違い、自分の爪に直接塗るので軽く、装着後の違和感がない事です。それに従来のアクリルパウダーを使った物に比べて透明感が非常に高く、仕上がった後の艶やかさが長く持続する事も人気となった理由でしょう。

 

また、これまで一般的だった固く長い爪を作り、それにアートを施したものを接着剤で爪に装着させるといった手法よりも、爪に対する負担も少なく、爪の変色や変形といったトラブルも少ないので、爪自体の健康面にも優れていると言えるでしょう。

 

地爪を健康的に伸ばして、自分の爪でネイルアートを楽しめる。そんな美しいだけではなく爪の健康の事も考えられた技術がジェルネイルなのです。

 

ネイルサロンで使用されているジェルには2つの種類があり、それぞれの特徴からハードジェルとソフトジェルと呼ばれています。ではそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

 

ハードジェル

呼び名の通り固く強く硬化し、仕上がりの透明感は抜群。その強度から地爪の長さを出したい時や、重さのあるネイルパーツのコーティングをする事に向いているジェルで、ソフトジェルのコーティングとして利用される事もあります。

 

またその強度から溶剤で落とす事ができず、削って落とすしかないという特徴もありますが、それだけ長く艶やかさが持続すると言う事ですね。

 

ソフトジェル(ソークオフジェル)

専用のリムーバーで簡単に落とす事ができるので、その手軽さから多くのネイルサロンで使われているジェル。ジェルの特性としては、柔軟性があり爪に対してナチュラルにフィットするので、硬化した後に違和感がないという事と、カラーリング、デザイン性に優れているので、アートをするにはうってつけのジェルと言えます。

 

それに折れたり欠けたりすることがないので、デザインを楽しみながら自分の爪を保護したい人に向いていますね。

ハードとソフトどちらが優れ、どちらが劣るという事はありません。塗る爪の状態やデザインに合わせて、どちらを使うのかを見極める事もネイリストの技術力になりますね。ハードとソフト、上手に使い分けてステキなネイルデザインが出来たら、された人もきっと喜んでくれるはず!

 

 

>>ジェルネイル 資格の費用 TOP