ジェルネイル 絵の書き方

MENU

ジェルネイルアート!簡単なアートから上級までをやってみよう!

ジェルネイルアートは一見難しいと思われてしまいますが、普通のネイルアートに比べると意外と簡単なものもあります。
そこで、ここではジェルネイルアートの初級から上級までを紹介したいと思います。

 

ジェルネイルアート初級!ドットペンを使ったフラワーアート!

ネイルアートで水玉を描く時に使用するのがドットペンです。簡単に水玉が描けるので人気のアイテムですが、このドットペンを使ってジェルネイルアートでお花を描きましょう。

 

まずはベース、カラーをジェルで施します。その後にアルミホイルの上などにカラージェルを適量取り、ドットペンを使いやすい状態にします。そしてドットを5箇所お花の様に描きます。

 

ポイントはドットを少し付けるようにすると筆で書いた様に見えるところです。真ん中にはパールやラインストーンなどでアクセントを付けるとより本格的に見えます。トップコートジェルを塗って完成です。

 

ジェルネイルアート中級!マリンボーダーネイル!

横のラインを真っ直ぐに引かないといけないボーダーネイルは少しハードルが高いアートかもしれません。

 

でもジェルの場合とても簡単です

 

まずベースカラージェルを硬化します。その上に好きなカラージェルでボーダーを引いて行きましょう。この時のポイントは一色の線を引く度に硬化を行なうことです。そうすることでもし線が失敗してしまっても、拭き取ることができるので簡単にボーダーネイルを作ることができます。

 

ボーダーのカラージェルは3色、中にゴールドを使うとより華やかなマリンネイルになります。仕上げにトップコートジェルを塗れば凸凹のないフラットな仕上りになります。また5本の指全てをボーダーにせず、薬指などだけに単色ブルーなどを使うことでマリンネイルらしくなります。

 

ジェルネイルアート上級

ジェルネイルの検定でも使われるアート、ピーコックを紹介します。ピーコックとは重ねたカラージェルを細い筆で引き伸ばす上級のテクニックです。普通のピーコックはとても難しいので、お花をピーコックで作ることでワンランク上のアートに仕上げましょう。

 

まずは白の直径5ミリのドットを5つお花の様に置いてください。次にピンクの直径2ミリのドットを白のカラージェルの上に乗せる感じで置きます。この時ピンクのドットは中央に寄せるように置きます。

 

そして5つのドットの真ん中を一つ一つ中央に向けて通す様に細筆で線を入れます。これで桜の花びらの様な花のアートが完成します。ポイントは他の花びらを少しはみ出す様に描く事です。また花びらが散っている雰囲気を出す為に、周りに小さなドットを付けると本格的に見えます。

 

【まとめ】

 

いかがだったでしょうか。
初級から上級まで紹介しましたが、まずは簡単な初級から初めてジェルネイルアートを楽しんでくださいね。

 

 

>>ジェルネイル 資格の費用 TOP