ジェルネイル 合格率

MENU

ジェルネイル資格の合格率・難易度

ジェルネイル技能検定は、はたしてどのくらいの合格率や難易度なのでしょうか。気になりますよね。

 

ジェルネイル技能検定は過去10回(2014年6月現在)実施されています。検定は【初級】、【中級】、【上級】の3つの段階がある事はお話しいたしましたが、プロのネイリストとして活動をするのならば、最低でも中級は取得しておくべきと言われています。それでは各級の合格基準はどうなっているのでしょうか?

 

【初級】合格基準

筆記試験・実技試験ともに100点満点のうち、80点以上で合格となります。

 

【中級】合格基準

筆記試験は100点満点のうち80点以上、実技試験は100点満点のうち70点以上で合格となります。

 

【上級】合格基準

実技試験100点満点のうち70点以上で合格となります。
※第10回実施試験より筆記試験がなくなりました。

 

どうですか?数字だけみると、ちょっと簡単に取れる資格でないかも…を思われるかもしれませんね。では実際の合格率を見てみましょう。

 

最近実施された第9回【初級】の試験では、65.9%の合格率となっているようです。また、【中級】に関しては実施回数が少ないのですが、合格率は66.8%だったようです。

 

試験の難易度としましては、初級の合格率を見るかぎり、勉強をきちんとすれば取得できるイメージですね!

 

ジェルネイル 試験 合格率

ジェルネイルに関する基礎知識と、ジェルの基本となる塗り方、それにワンポイントのアートですから、繰り返しの練習をしっかりとやっておけば合格できるでしょう。

 

試験の採点については仕上がりの良さもポイントになりますが、テーブルセッティングや衛生面への配慮、施術の仕方等もポイントになります。詳しい採点の方法はJNAのサイトにあります試験要項に記載されていますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?
参照資料⇒第10回試験の試験要項

 

【中級】の方は【初級】の取得が前提条件ですから、筆記試験・実技試験の内容の方もワンランク上の内容となっています。こちらもしっかりと勉強と練習をしていく事で、取得は取得できるでしょう。

 

さらに受験の仕方によっては試験科目の免除もありますので、【初級】→【中級】→【上級】と計画的に勉強をして受験をすることで、試験の難易度も下がってくるのではないでしょうか?

 

とりあえずは【初級】の合格が目標!しっかりとポイントを押さえて試験にのぞみたいですね。

※合格率に関しましては、第9回の実施結果をJNA様へ電話にて取材を行いましたものを記載させて頂きました。

 

 

まだ勉強材料が揃ってないなら

ジェルネイル 資料請求

 

 

>>ジェルネイル 資格の費用 TOP