ジェルネイル 初級試験

MENU

ジェルネイル技能検定・初級のポイント

JNAジェルネイル技能検定の初級ですが、知っておかなければならない知識やテクニックはどういったものなのでしょうか?資格取得を目指すために知りたいと思う事もそうですが、講座を選ぶためにも知っておきたい事ですよね。それでは簡単にですが説明をしていきましょう。

 

事前審査(10分)

 

基本テーブルセッティングと、モデルの爪の状態を確認します。

 

実技試験(試験時間100分)

 

実技試験は2つの課題を制限時間内に行います。第1課題は試験時間35分で、両手のネイルケアになります。消毒に始まって、ポリッシュオフ、ファイリング、キューティクルクリーンをモデルに行い、その後に5分のインターバル(片付けと準備を含む)を挟んで第2課題となります。

 

第2課題は試験時間60分で、左手指5本にポリッシュカラーリング、右手指5本にジェルカラーリング、そして左手指のどれか1本にジェルアートを施す試験となります。

 

筆記試験(試験時間30分)

 

ネイルに関する基礎知識を中心とした、衛生面、爪の構造に関する知識、爪の病気やトラブルと言った解剖学の知識、それにネイルを実際に施す上でのネイルケアの手順や、ジェルに関する基礎知識が初級試験の内容となっています。

 

 

 

ザッと簡単に紹介しましたが、これだけ見てしまうと知らない専門用語が出てきていて、難しいと感じてしまうかもしれませんね。
でもこういった専門用語も通信講座ならばやさしく解説されていたり、用語集の様なテキストが用意されている講座もあります。一度ビューティー資格ナビで良いなと思った講座の資料を取り寄せてみて、比べてみると良いでしょう。

 

それに通信講座ならば、過去の試験問題からどんな問題が出題されているか、その傾向と対策もしっかりとしています。それは筆記試験だけではなく、実技試験も基礎的なテーブルセッティングや道具の扱い方、実務的な塗り方のコツ等も丁寧に解説してくれていますから、しっかりと勉強をしていれば試験だって安心して受ける事ができますよ。

講座選びはしっかりと比較して調べて、自分に合ったものを選びましょう。まずは資料請求をしてみることが、資格取得への第一歩です!

 

 

>>ジェルネイル 資格の費用 TOP